次へ
    

     価格  送料 消費税別    送料1個  全国一律 1個 ¥1500円。


       10L入りタンク  1個  単価40000-
      
     20L入りタンク  1個 単価 60000-



世界最先端理論から生まれた     驚愕の元気、驚異の糖度アップ

   
  

〇 糖度が重視される作物全てに使用できます。
    
トマト、イチゴ、スイカ、メロン・・・・果樹のサクランボ、桃、スモモ、梨、
       ブルーべりー、ブドウ、 リンゴ、ビワ、柑橘類、キウイフルーツ、
       マンゴー、枝マメ、サツマイモ。

〇  糖度が高くなるには元気でなければならない
      
       元気糖度MAX ゴールドは、この大原則を完全にクリアした活力剤。
     
         元気漲る力 + 糖度アップ


      この二つを同時の行えるようにした   


    〇 MOG-A1菌によるセルロース 砂糖から「ブドウ糖」を作る・・・発見から
       開発された活力剤である。

       元気糖度MAX ゴールドの葉面散布することで、葉の表面に付着した
       「植物セルロース」と「砂糖」を原料にして、MOG-A1菌が葉の表面でブドウ糖を作る。
       植物の葉は、このMOG-A1菌の菌糸が作ったブドウ糖を吸収できる。
        
         人工的に作られた市販の「ブドウ糖」を葉面散布しても、葉は吸収することはなかった。
         ブドウ糖の葉面散布は「糖度アップ」することが出来なかった。
         
       MOG-A1菌が作るブドウ糖であれば、不思議なことに吸収する。
       このことを日本再生循環緑化研究所は発見した。
       この最新の研究から生まれたのが「元気糖度MAX ゴールド」である。

    
     作物が果実を実らせるには多大なエネルギーギーが必要である。
     それに加えて・・・人間の欲望で・・・甘く、甘く・・・より甘くするには、
     更に多くのエネルギーが必要である。

     このエネルギーは「肥料」では作れない。
     更に、作物が・・弱っては光合成を十分できない。
     そういうことで、体が弱るような栽培をしてはならないが、元気を維持持続させ、
     悪環境にも耐えて立派な果実をならせるのは、更に難しい。

      トマト、タマネギのように、逆に作物をイジメテ・・・甘くする栽培法もあるが、
      これほど人間本位の栽培はない。
      こういうのを栽培法というのか???
      作物の立場に立てば、死ぬ瀬戸際の姿である。

     自然生態系完全無農薬栽培法による糖度アップは、作物が元気で糖度を高くする栽培法であり資材である。
     「元気糖度MAX ゴールド」は、作物が喜んで・・・あまーく、甘く・・・する。

    〇 光合成を行う大切な葉の病気は、MOG-A1菌によって病害菌を休眠させることで防止する。

    〇 根を弱らせる土壌病害菌は、MOG-A1菌で休眠させて防ぐ。
       連作障害も防止する。
     

    〇 元気糖度MAX ゴールドは、葉からブドウ糖を吸収することとと、ケイ酸結晶コーテングで、
      老化、夏負けを防ぎ、紫外線、乾燥、強風、強光などの悪条件から葉を護り、
      活力あふれる「葉」を維持持続させる。

    〇 弱った作物に「SmartMax  GreatRay」を葉面散布して元気にして、更に「元気糖度MAXゴールド」を
      与えて、更に元気にして糖度を高くする。
       

    〇 光合成+ブドウ糖吸収は、充分なエネンルギーの確保を可能になったことで、
       曇天、日照不足条件下でも甘ーい果実が生まれる。
       この充分なエネルギーは高品質の果実になり、日持ち、輸送性抜群になる。

    

        元気糖度MAX ゴールドは多年草作物に使用すると・・・・


    〇  収穫年数が伸びる。
         アスパラガス、ブルーべりー・・・など


    〇  果樹ではアンチエイジング。 老木でも若い樹勢を維持持続する。

    〇  毎年安定した収量を得られる。

    〇  充実した結果枝を作れる。
    
    〇  日照不足を補える。

    〇  素晴らしい着色になる。

    〇  品種本来の濃厚な味、食感になる。


    〇 高温障害、地球温暖化に負けない・・・糖度になる。

    〇 SmartMax  GreatRayと併用することで、・・・充実した「日持ちの良い」「硬い」「大きい」「重い」
       「貯蔵」「輸送性」に優れた甘い果実を生産できる。

    



















    元気糖度MAX ゴールドの使用法

   〇 散布養液の作り方

       元気糖度MAX ゴールドの50から100倍液を作る。
       これに1L当たり10gほど砂糖を入れる。
       尿素を2g入れる。
       展着剤を入れる。

   〇  何時から散布するのか

       収穫前40日頃第一回の葉面散布を行う。
       その後7から10日間隔で葉面散布する。

   〇  どのくらいの量を撒くのか
 
        10アール当たり約300L葉面散布。
        果樹と草本野菜では違いがありますので、全体の葉が濡れる程度に。


   〇 普通の栽培、有機栽培でも使用できるか
 
      出来る限り「完全無農薬栽培」と併用してください。
      SmartMax  GreatRayで元気にしたうえで使用すると効果が高くなります。
      どんな栽培法の作物でも効果がありますが、SmartMax  GreatRay使用より効果が劣ります。


   〇 農薬散布している場合も使用できるか

     、殺菌剤散布してから約5日後にご使用ください。
      MOG-A1菌を殺菌しないためです。


   


   











    

    
       
        
   

  
    元気糖度MAX ゴールド

      仕様 成分

  
    植物セルロース  MOG-A1菌
    有機カルシューム、ケイ酸、ミネラル。

   
    ユーザーが添加するもの
      尿素 500倍  砂糖200倍に調整。
甘くない果実は・・・市場価値が無い。
イチゴもスイカもメロンも・・・・サクランボも桃もブドウも。

完全無農薬栽培で生産されたものは、究極の「ブランド」である。
これに糖度が最高なら、まさに市場独占の「鬼に金棒」である。

市場制覇の野望を抱いている人の為に「元気糖度MAX ゴールド」を開発提供する。



   甘くなければ・・・美味しくない!

eigyou 1001

























































































































































































































































































































HOME        BACK

   
    元気糖度MAX ゴールド